活躍する卒業生

〒010-8533 秋田市南通みその町4-82

TEL 018-833-7311 FAX 018-833-4503

活躍する卒業生

このページでは本校を卒業し、活躍している卒業生をご紹介します!

芸能/芸術

天寿 光希(てんじゅ みつき)さん

宝塚音楽学校を卒業し、2005年3月に宝塚の舞台デビュー。
天寿さんは現在、宝塚歌劇団星組でタカラジェンヌとして活躍しています!

天寿 光希(てんじゅ みつき)さん

(写真提供:宝塚歌劇団)

鈴木 貴子(すずき たかこ)さん(ソプラノ歌手)

聖霊高校を卒業後、東京音楽大学声楽専攻オペラコースに進みました。大学在学中に第17回秋田市民音楽コンクール声楽部門第一位、NHK秋田放送局長賞を受賞しています。秋田市でリサイタルや成田為三生誕百年記念コンサート、震災復興支援チャリティーコンサートも開催しました。
その他、阪神淡路大震災チャリティーコンサートほか多くのコンサートに出演しています。最近は東京都内でのサロンコンサートを行って好評を得るなど、精力的に活動中です。

2013年12月8日秋田魁新報でその活躍ぶりが紹介されました。

詳しい情報は「及川音楽事務所」のホームページをご覧ください。

鈴木 貴子(すずき たかこ)さん(ソプラノ歌手)

(写真提供:及川音楽事務所)

スポーツ

江畑 幸子(えばた ゆきこ)選手

高校を卒業後、2014年8月までバレーボールVプレミアリーグの日立リヴァーレに所属。2014年9月からはフランスバレーボールリーグ所属のRCカンヌに移籍し、リーグ優勝を成し遂げました。現在、VチャレンジリーグのPEUブルーキャッツへ入団しています。 今後も日本のエースとして、世界を舞台にさらなる活躍が期待される選手です!

  • ・2010年度全日本女子バレーボール代表登録メンバーに選出。
  • ・2012年、ロンドンオリンピックに出場。本校の卒業生としては初)
    日本女子バレーでは28年ぶりとなる銅メダル獲得に大きく貢献。
  • ・ロンドンオリンピックでの活躍に栄誉をたたえ、本校第1号となる【聖霊学園賞】を授与。

江畑 幸子(えばた ゆきこ)選手

(写真提供:日立佐和リヴァーレバレーボール部後援会事務所)

聖霊学園賞第1号を受賞した江畑幸子選手の談話

初めての聖霊学園賞をいただけるということでとても光栄なことです。今後も受賞に恥じないように頑張ります。次の目標は、リオデジャネイロで開催されるオリンピックに出場することです。後輩の皆さんにも聖霊学園賞をもらえるよう頑張ってほしいと思います。

佐藤 美弥(さとう みや)選手

現在、日立リヴァーレ所属。嘉悦大学バレーボール部ではセッターを務め、2009年度全日本バレーボール大学男女選手権大会(インカレ)では敢闘選手賞を受賞!高校の同期である江畑選手と同様、2010年度全日本女子バレーボール代表登録メンバーの1人になり、全日本で活躍が期待される選手です!2014年度全日本バレーボール代表登録メンバーに選出。

佐藤 美弥(さとう みや)選手

研究

佐藤 美子(さとう よしこ)さん

聖霊高校・聖霊短大・秋田大学 大学院出身。ノーベル医学生理学賞受賞の山中伸弥教授の研究室に特別研究員として勤務しています。2011年10月には、秋田大学主催のイベント「リケジョ(理系女子)への扉」が開催され、秋田の女子中高生30人に講演を行い、魁新聞にも紹介されました。10月8日にノーベル医学生理学賞受賞の受賞後のインタビューを掲載しています。

佐藤 美子(さとう よしこ)さん

佐藤 美子さんへのインタビュー

Q.山中先生がノーベル賞を受賞した喜びの声を、山中先生のもとで研究なさっている佐藤さんの立場から教えてください。
A.山中先生がノーベル賞を受賞されたことをとても嬉しく思います。また、その研究に現在携われている事にとても幸せを感じています。今後もiPS細胞技 術の進展と医療応用を進めるべく、努力、精進いたします。
Q.佐藤さんが普段、研究室で行っていることを教えてください。
A.iPS細胞作製技術を用いて創薬、新しい治療法の開発、病気の原因の解明や再生医療への応用を実現するための研究を行っています。
Q.報道などで山中先生の人柄は耳にしますが、間近にいる佐藤さんから見て、山中先生はどのような方ですか?
A.とても楽しい先生です。研究の話をしている時は、多くの患者さんへ早く届けたいという気持ちから、とても熱くお話をされますが、普段、研究室に居られる時はご多忙にもかかわらず、お昼休みに鴨川を走ったりと、とてもストイックな先生だと思います。
Q.秋田市内の中高生へ一言お願いします。
A.山中先生がいつもおっしゃっている言葉があります。「vision & hard work」visionを持って、それに向かってひたすらに頑張ればいつかきっと、そのvisionに近づけると思います。今はいろいろな事に興味を持ち、沢山のことにチャレンジしてください。そうすれば、何かを見つけられる日がきっとくると思います。

アナウンサー

本校卒業生でテレビ各局のアナウンサーやキャスターを務めた人あるいは務めている人は少なくありません。テレビ局を退いてフリーアナウンサーとして活躍してる人もおります。
ここでは、その中から、現在、最も多くテレビで活躍している方々を紹介します。詳細については、それぞれの局のホームページで紹介していますので、そちらをご覧ください。

吉田 紗也佳(よしだ さやか)さん(NHK秋田放送局)

2013年は気象キャスター、2014年は夕方の「ニュースこまち」でメインキャスターを務めていました。秋田のニュースをわかりやすく、親しみやすく伝えてくれました。
この春からは、朝のニュース「おはよう秋田」を担当しています。

吉田 紗也佳(よしだ さやか)さん(NHK秋田放送局)

(写真提供:NHK秋田放送局)

坂本 愛(さかもと あい)さん(NHK秋田放送局)

2013年はお昼前の「エキヨコこまち」のキャスターを務め、また、中継や旅番組のリポーターとして活躍しました。2014年は「ニュースこまち」の気象担当として活躍し、この春からメインキャスターを担当しています。

坂本 愛(さかもと あい)さん(NHK秋田放送局)

(写真提供:NHK秋田放送局)

石井 資子(いしい もとこ)さん(元AKT秋田テレビ)

今やすっかりおなじみになりました。夕方のスーパーニュースやjumpin’等で活躍しています。数年前まで、本校のバレーボール部が6年連続春高バレーに出場していた頃をはじめとして、たびたび本校を取材するために訪れてくれました。
石井さんから、コメントをいただいておりますので、ご紹介します。

石井 資子(いしい もとこ)さん(AKT秋田テレビ)

●現在の所属部署
秋田テレビ報道制作局 アナウンサー 石井 資子
●仕事内容
2008年入社からスーパーニュース天気キャスタースポーツキャスター、番組MCなどを経て現在AKTスーパーニュースキャスターを務めております。(2014年4月から担当です。放送時間は月曜~金曜夕方6時15分~)
●仕事のやりがい
毎日取材をして様々な職業の方に出会え、お話を伺うことができるので視野が広がり、自身の感性が刺激されます!
●仕事の難しさ
キャスターでありながら記者業務も担当。自身で取材をして原稿を書きニュースとして伝える時間との勝負なので日々、時間に追われていますが、失敗をしながらも様々なことを吸収し成長できる現場だと実感しています。
●今後の抱負
見ている方に安心感を与えることのできる『自然体なアナウンサー』を目指し、日々奮闘しています!

海外ボランティア

本校卒業生は、海外で活躍する人もいます。慶応大学を卒業して数年前まで、長年国連で働いていた人もいました。また、海外協力隊に参加して発展途上国のために手伝った人もいます。共に、現在もそれぞれの経験を活かして頑張っています。ここでは、現在海外で活躍中の卒業生を紹介します。

菊地 綾乃(きくち あやの)さん

津田塾大学を卒業後、独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として、ベナン共和国で活躍中です。
菊地さんは、ベナン共和国の大都市ポルトノボで小学校の校内衛生の改善に取り組んでいます。特に、小学生向けの手洗い、トイレ、校内清掃に関する啓発活動を現地の先生方の協力を得ながら進めているそうです。ベナン共和国では、給水・下水施設がなかったり、衛生管理に対する注意喚起が十分になされていなかったりと、日本では基本的な衛生主観が身についていないそうで、その状況を改善しようと頑張っています。発展途上国ではこのような指導が今後の国の発展にとって大きな意味を持つことになります。

活動期間は2年間。ベナン共和国の公用語はフランス語だそうです。

菊地綾乃さんは、昨年(平成26年)に帰国しました。

菊地 綾乃(きくち あやの)さん


TOP